薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

帰経・性味・寒熱について

帰経とは

帰経とは、生薬や食材が身体のどの部分に影響があるかを示したものです。

東洋医学において、人間の内臓全体を言い表すときに「五臓六腑」という言葉を使います。

ここでいう五臓は「肝・心・脾・肺・腎」のことですが、単に臓器の働きにとどまらず精神的な要素も含まれ、ひとつひとつの意味は広義にわたります。

五臓

五臓の働きについて

【肝】

自律神経、情緒、運動神経、婦人科系、肝臓に関係します。

血液を貯蔵したり、気血がスムーズに流れるようにコントロールします。

目・爪・筋腱に症状が現れやすくなります。

「風」に弱く、春に症状が出やすくなります。

症状の例

エネルギーである気を作れず疲れやすかったり、血を作れず貧血気味。

身体に不要な水が溜まりやすくなり、むくみ、下痢、アレルギー症状などがでる

気がうまく巡らず、イライラ、喉のつかえ、おなかが張ったりする。

【心】

脳や心臓・循環器系に関係します。

血を全身にめぐらせ、滋養させる働きがあります。

顔面、舌に症状が現れやすくなります。

症状は、喉のつかえ(梅核気)、腹部膨満感、胃痙攣、排便や排尿の不調、情緒不安定、肩こり、頭痛などです。また水や血のめぐりも悪くなります。

「暑熱」に弱く、夏に症状が出やすくなります。

症状の例

気血不足による、不眠、多夢、ノイローゼ、不安感、あせり、物忘れなどの精神症状

動悸、不整脈、高血圧など循環器の異常

イライラやのぼせなどの熱症状

舌に異常が出て、味覚障害、ろれつが回らない、舌がただれるなど

【脾】

消化器系、アレルギー、水分代謝の一部に関係します。

飲食物を消化吸収し、体の基本となる「気血水」をつくります。

口や唇、肌肉に症状が現れやすくなります。

「湿気」に弱く、梅雨の時期に症状が出やすくなります。

症状の例

エネルギーである気を作れず疲れやすかったり、血を作れず貧血気味。

身体に不要な水が溜まりやすくなり、むくみ、下痢、アレルギー症状などがでる

内臓下垂、子宮や肛門脱、まぶたの下垂、たるみなど

不正出血、血便、鼻血、内出血しやすいなど

口内炎になりやすかったり、口の周りにできものができやすい

【肺】

呼吸器系、皮膚、水分代謝の一部、アレルギーと関係します。

脾と協力して「気」をつくり、全身に散布したり、水のめぐりを調節します。

身体を外邪から守る、免疫力と関係が深い臓器です。

鼻や体表に症状が現れやすくなります。

「乾燥」に弱く、秋に症状が出やすくなります。

症状の例

風邪をひきやすく、呼吸器系に症状が出やすい

皮膚の乾燥やしわなどできやすい。

むくみ(特に上半身)や尿の減少、痰が気管にたまる

鼻炎や喘息、アトピーなど、アレルギー症状がでやすい

【腎】

生殖器系、泌尿器系、内分泌系、老化や発育に関係します。

生命エネルギーの源を蓄えます。

全身の水の代謝をつかさどり、尿の生成、再吸収をします。

骨や歯、耳、髪、下半身に症状があらわれます。

「寒」に弱く、冬に症状が出やすくなります。

症状の例

子供では虚弱体質、成長が人より遅いなどが起こりやすい。

大人では不妊、性欲減退、白髪や難聴、骨粗しょう症などの老化が起こりやすい

排尿異常(頻尿、排尿困難、夜間尿、尿漏れ、膀胱炎など)

腰やひざの痛み、冷えやむくみなどが下半身に出やすい

全身の強い冷えもしくは手足のほてりなど

性味とは

味について

それぞれの味は五臓に関係し、また味自体にそれぞれ役割があります。

【酸】

肝に関係する。ひきしめる作用がある。

汗を止めたり、下痢に応用される。食べすぎると脾を傷つける。

【苦】

心に関係ある。熱を冷まし、湿を乾かし、下す作用がある。

熱証や湿証に応用される。取りすぎると肺を傷つける。

【甘】

脾に関係する。補ったり緩和する作用がある。

虚証に応用する。取りすぎると腎を傷つける。

【辛】

肺に関係する。発汗させ、気を巡らし、散らす作用がある。

表証(風邪など)、気滞、できものなどに使う。取りすぎると肝を傷つける。

【鹹】

腎に関係する。堅いものを柔らかくしたり、潤して下す作用がある。

取りすぎると心を傷つける。

寒熱について

臓腑を温めたり冷やしたりすることで、生薬や食品の帰経に働きかけます。

熱・温・平・涼・寒の5つがあります。

「熱」や「温」は寒さを退けて身体を温かくし、興奮させたり活発にする働きを持ちます。

一方「寒」や「涼」は体の熱を冷ましたり解毒をし、気持ちを落ち着かせる働きがあります。

「平」は、温めもせず冷やしもしない性質をいいます。