薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

さるのこしかけ

キノコ類のもつ、免疫力を高めるパワー!サルノコシカケで有名な、日本の民間茶です。

商品名(別名):さるのこしかけ 梅寄生(ばいきせい)

内容量:
100g
販売価格:
1,860円(税込)
 

数量:

ポイント

食感は乾燥した固めのシイタケのようですが、キノコ特有の香りが、少し渋みと苦みがあります。おもにお茶として使用します。

性味:

帰経:

商品説明

商品説明画像

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした梅寄生を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。

【エピソード】
サルノコシカケは広葉樹(桜、くぬぎ、梅など)の立ち木や枯れ木に寄生します。幹から半円形の傘を張り出すように生え、直径は5~30cmほど。年々成長し、大きなものは直径50センチ以上になります。古くは梅の古木についた物を「梅寄生(ばいきせい)」と呼んで珍重していましたが、現在では梅以外の木に寄生したものも同様に用いられます。

木に生えたその形がちょうどサルが座るイスに見えることから、この種類のキノコにサルノコシカケという名前が付いたようです。樹幹から直接に傘だけの子実体をつけ、表面に薄くココアの粉のように胞子が付いているため、「粉吹き猿の腰掛け(コフキサルノコシカケ)」という名もあります。サルノコシカケは普通のキノコとは違い肉質は木のように非常に硬く、そのままでは食べられません。

またサルノコシカケは日本の民間薬であり、「梅寄生」の名は中国本草書にはみられないそうです。しかしサルノコシカケの仲間は中国で利用されており、それらの利用知識が日本に伝来したと考えられます。民間薬として、かつては発熱、心臓病や半身不随などに用いられていました。1975年頃、同じ仲間のカラワタケから「PSK」という制癌剤が開発されたため、サルノコシカケも注目されるようになりました。サルノコシカケ科のキノコに多く含まれる「β-グルカン」という多糖類に体の免疫力を高め、血をサラサラにする作用があることがわかり、がん予防や治療などの研究が進められています。

魅力

サルノコシカケ科の生薬は免疫を整える働きに優れているものが多く、一般的にはガン治療のサポートに民間療法としてお茶として飲む方が多いようです。その他には、熱を冷ましたり心臓の病や半身不随に、民間薬として使用されてきた記録があるようです。

◎ 使用方法・食べ方

薬膳茶としてしっかり煎じて飲むと良いでしょう。少量であれば(入れすぎると苦みが出るので)、スープなどに使用することもできます。

◎ 保存方法

直射日光や高温多湿を避け、虫が湧きやすいので開封後は密閉容器に移しお早めにお召し上がりください。

◎ 栄養成分

多糖類(β- D-グルコースなど)、エルゴステロール、ジヒドロエルゴステロール、パルミチン酸、オレイン酸、リノール酸、ユビキノンなど

品質のこだわり

Point.1

Point.1

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした梅寄生を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。


Point.2

Point.2

残留農薬検査をクリアした厳選生薬を、温度や湿度など徹底した品質管理のもとお客様へお届けしております。


Point.3

Point.3

全商品即日発送、送料無料でお客様のもとへお届けします。

お客様の声

民間茶として免疫をあげると知って、お茶として飲んでいます。しっかり煎じた方が成分は出るようですが、少し苦みがあるのでハトムギ茶と一緒に飲んでいます。香ばしさが出るので飲みやすいです。

生薬情報

キコブタケ科の菌類のなかで木質で多年生となるキノコをサルノコシカケと呼ばれており、これらのキノコ類はブナ、カシなどの広葉樹に寄生するキノコの一種で、半円形の卓状に広がりその様子が猿の腰掛に見えることが名前の由来とも言われています。また、サルノコシカケの中でも梅の木に付着するものが高品質でかつ、珍重とされ梅の木から採れるサルノコシカケのみを「梅寄生」と呼ばれていましたが、現在は寄生樹に関係なくこの名前で呼ばれています。

サルノコシカケ科は薬用で使われているものが多く、ほかには霊芝、茯苓、猪苓、メシマコブなどが有名です。これらの菌類は共通してガンを抑制するといわれ、様々な研究がされています。梅寄生は「サルノコシカケ」の名で古くから知られ、日本の民間薬として使われてきました。

植物名・部位 サルノコシカケ科コフキサルノコシカケの担子菌類
原産国 中国
賞味期限 パッケージに記載

漢方薬剤師からのコメント

キノコ類の多糖類には、様々な研究から免疫に働きかける作用がみつかっています。サルノコシカケ茶として、古くから民間薬として日本人の健康をサポートしてきました。免疫アップは、すべての病に打ち勝つ源ですね。

こんな方におすすめ

免疫力を整えたい方

おすすめの組み合わせ

●単独でお茶として使われることが多いですが、味が気になる時はほうじ茶やハトムギ茶などとブレンドしてもよいでしょう。 

●がん治療のサポートとして使うときは、同じような働きのある百花蛇舌草とブレンドしてもよいでしょう。

◎ 煎じ方・食べ方

しっかり成分を抽出して飲むことをお勧めします。水の状態から梅寄生を入れ、沸騰してからとろ火で30分くらい煮出します。

民間薬としては、沸騰してから弱火で1時間ほど泡が立たなくなるくらいまで煎じ、煎汁を2~3回に分けてお茶のようにして飲みます。

◎ 注意事項

●主治医に漢方などの服用を制限されている方はご遠慮ください。また、食物アレルギーがある方、乳幼児、入院中の方、その他ご不安がある場合はあらかじめご相談ください。

商品名(別名):さるのこしかけ 梅寄生(ばいきせい)

内容量:
100g
販売価格:
1,860円(税込)
 
数量