薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

クチナシの実

水をめぐらせ、モヤモヤやイライラの熱を冷ます!食品の色付けにも使われる、色鮮やかな黄色のお茶です。

商品名(別名):クチナシの実 山梔子(さんしし)

内容量:
100g
販売価格:
1,530円(税込)
 

数量:

ポイント

水に入れた瞬間に黄色の鮮やかな色になります。香りは弱く味は苦みがあります。

性味:苦/寒

帰経:心・肺・肝・胃

商品説明

商品説明画像

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした山梔子を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。

魅力

漢方では、利胆や痛みを緩和する作用があるといわれています。熱を冷ます働きに優れ、のぼせやイライラ、焦りの強いときによく使われます。体にこもった熱を、尿としてすっきり出してくれるようです。また古くから民間的に、打撲やねんざなどに粉にして湿布のように使っていたそうです。

◎ 使用方法・食べ方

食品の色付けとして使うときは少量でしっかり色が出るため味や匂いは気になりません。お茶として使うときは、温度が低くても色がしっかり出ます。

◎ 保存方法

直射日光や高温多湿を避け、虫が湧きやすいので開封後は密閉容器に移しお早めにお召し上がりください。

◎ 栄養成分

イリドイド配糖体(ゲニポシド、ガルデノシド)、カロチノイド色素(クロシン、クロセチン)、シトステロール、ノナコサン、マンニトールなど

品質のこだわり

Point.1

Point.1

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした山梔子を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。


Point.2

Point.2

残留農薬検査をクリアした厳選生薬を、温度や湿度など徹底した品質管理のもとお客様へお届けしております。


Point.3

Point.3

全商品即日発送、送料無料でお客様のもとへお届けします。

お客様の声

夏など湿気や熱がこもった時に、水出しして使ってます。単独ではあまりおいしくないので、ほかの生薬と合わせています。きれいな黄色のお茶になります。

生薬情報

クチナシという名前は、秋を過ぎても口を開けないことから「口無し」と呼ばれ、実の形が「巵」というそこの丸い酒杯に似ていることから「梔子」と呼ばれるそうです。水につけると鮮やかな黄色となり、日本では飛鳥時代から黄色染料として使われていました。また無毒なことから、きんとんや沢庵などの食品の着色にも使われています。近年では、成分を酵素分解して青色色素をつくる原料としても使われるそうです。

植物名・部位 アカネ科クチナシの成熟果実
原産国 中国
賞味期限 パッケージに記載

漢方薬剤師からのコメント

きんときや沢庵のきれいな黄色をつけるだけでなく、漢方でもよく使われるクチナシの実。少し苦みがありますが、苦みは熱を冷ます味の一つです。他の生薬とブレンドしてお茶にするとよいですよ。

こんな方におすすめ

イライラやのぼせなど熱がこもった感じがするときに  水の巡りをよくしてスッキリしたい方へ

おすすめの組み合わせ

●体の上部に熱がこもる感じがするときは、菊花と合わせるとよいでしょう。 

●水の巡りを良くしてすっきりさせたいときは、オオバコの種とブレンドしたお茶がおすすめです。

◎ 煎じ方・食べ方

お茶として飲む場合は、そのまま熱湯を入れ5分ほど抽出します。しっかり成分を抽出したい場合は、沸騰してからとろ火で10~15分くらい煮出します。

① お茶として飲む場合は、そのまま熱湯を入れ5分ほど抽出します。

② しっかり成分を抽出したい場合は、沸騰してからとろ火で10~15分くらい煮出します。

◎ 注意事項

●熱を冷ます働きが強いため、冷えが強い方やおなかがゆるい方は控えましょう。

●主治医に漢方などの服用を制限されている方はご遠慮ください。また、食物アレルギーがある方、乳幼児、入院中の方、その他ご不安がある場合はあらかじめご相談ください。

商品名(別名):クチナシの実 山梔子(さんしし)

内容量:
100g
販売価格:
1,530円(税込)
 
数量