薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

甘草末

名前の通り、とっても甘い不思議な生薬。古今東西、人々を元気つけ病から守ってきた、歴史のある薬膳生薬です。

商品名(別名):甘草末(かんぞうまつ)

内容量:
50g
販売価格:
1,430円(税込)
 

数量:

ポイント

すっきりした甘みが、口の中で後を引くような感じがして美味しいです。お茶にブレンドすると、砂糖をいれなくてもおいしいので、ダイエット中にもよいでしょう。

性味:甘/涼

帰経:12経(すべての経絡)

商品説明

商品説明画像

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした甘草末を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。

魅力

漢方では元気を補ったり、炎症をやわらげ解毒をサポートする生薬として使われています。またその甘みが、様々な痛みを緩和してくれるようです。漢方では、甘草は熱を冷まし解毒するときに用いられ、元気をつけたいときは炒めて修治した「炙甘草」が使われます。炙甘草は特に「百薬の毒を解す」といわれ、ほかの生薬の刺激や毒性を緩和する目的で用いられることがあります。その他お肌に対しても、化粧品などで美白作用のある成分として使われています。成分のグリチルリチンはステロイド様の働きがあるといわれています。医薬品としても、肝機能改善薬や抗炎症薬として、甘草の成分であるグリチルリチンが使われています。

◎ 使用方法・食べ方

お茶のブレンドとして様々な生薬と合わせやすいです。料理やデザートには、パウダー状の甘草が使いやすいかもしれません。甘草をミルで引くとなかなかパウダー状にならないので、甘草末が使いやすいです。あらかじめ煎じ薬をつくり、シロップの材料として使ってもよいですね。甘さが砂糖の100倍くらいといわれているので、使いすぎないよう気をつけましょう。甘草末は、フェイスパックとして美容に使う方もいるそうです。

◎ 保存方法

直射日光や高温多湿を避け、虫が湧きやすいので開封後は密閉容器に移しお早めにお召し上がりください。

◎ 栄養成分

サポニン(グリチルリチンなど)、リクイリチン、イソフラボン(リコリコン)など

品質のこだわり

Point.1

Point.1

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした甘草末を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。


Point.2

Point.2

残留農薬検査をクリアした厳選生薬を、温度や湿度など徹底した品質管理のもとお客様へお届けしております。


Point.3

Point.3

全商品即日発送、送料無料でお客様のもとへお届けします。

お客様の声

のどの痛みに良いお茶として、未病ラボで紹介されていました。同じくのどに良い桔梗と一緒に紫蘇などとブレンドしてありましたが、甘みが加わって美味しかったです。のどのイガイガも何となくすっきりしたようでした。

生薬情報

甘みが強いため「甘草」という名前がついています。甘さはなんと佐藤の50~200倍。おもに中国の北やモンゴル、シベリアなどで育ち、近年になって日本でも栽培に成功したそうです。日本でいうカンゾウ(萱草)やヤブカンゾウはユリ科なので別の植物になります。甘草は東西問わず古くから薬として用いられ、古い文献にも残っています。漢方薬には多くの処方に甘草が使われています。醤油など、食品にも甘味料として使われます。

植物名・部位 マメ科ウラルカンゾウの根および根茎
原産国 中国
賞味期限 パッケージに記載

漢方薬剤師からのコメント

名前の通り甘みの強い甘草は、ただの甘い植物ではなく世界中で薬として活躍する歴史ある生薬です。のどが痛い時、元気をつけたいとき、美容にも・・・用途に合った甘草を使ってみてください。

こんな方におすすめ

ダイエットなどで甘いものが好きな方 体を元気にしたい方 

おすすめの組み合わせ

●元気をつけたいときには、人参と一緒にお茶にしたり、薬酒がおすすめです。 

●のどの痛みやニキビなど体の上部の炎症には、桔梗と一緒に煎じると良いでしょう。

◎ 煎じ方・食べ方

●甘草末は、単独または他の生薬とブレンドしたものを水でといて、フェイスパックとしてご利用もできます。

●料理やデザートに、甘みの代わりに使うことが出来ます。甘みが強いため量は調節してください。

◎ 注意事項

●甘草は取りすぎるとむくみやおなかの張り、血圧が上がることがあります。1日5g程度までが目安ですが、個人によっては少量でも合わないことがあるので注意しましょう。

●主治医に漢方などの服用を制限されている方はご遠慮ください。また、食物アレルギーがある方、乳幼児、入院中の方、その他ご不安がある場合はあらかじめご相談ください。

商品名(別名):甘草末(かんぞうまつ)

内容量:
50g
販売価格:
1,430円(税込)
 
数量