薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

なた豆

「膿出し」で注目を浴びる、大きな豆の薬膳生薬。水めぐりも良くして、カラダすっきり!

商品名(別名):なた豆 白刀豆(はくとうず)

内容量:
100g
販売価格:
2,240円(税込)
 

数量:

ポイント

お茶としてはそのまま煎じると味はあまりおいしくないかもしれませんが、粉にして炒って使うと麦茶に似た味がして飲みやすくなります。豆は固いですが、食べることができます。

性味:甘/温

帰経:胃・腎

商品説明

商品説明画像

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした白刀豆を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。

魅力

「膿を出す妙薬」として昔から民間療法などで使われています。蓄膿や歯槽膿、のどの腫れなどに対しお茶にして、または歯磨き粉の有効成分として配合されるものもあります。五臓の「腎」に働くので、アンチエイジングや水をめぐらせるためにもよいでしょう。また気を補い体を元気にして、免疫を高めるともいわれています。その他、生活習慣病の予防にもよいとされています。

◎ 使用方法・食べ方

おもにお茶として使います。なた豆茶としては、ミルなどで粗目に粉砕したなた豆をフライパンで香ばしく炒り、お茶パックなどに入れてお湯を注ぎます。その他、煮豆や白あんなどにして食べられることもあります。

◎ 保存方法

直射日光や高温多湿を避け、虫が湧きやすいので開封後は密閉容器に移しお早めにお召し上がりください。

◎ 栄養成分

たんぱく質、サポニン、ウレアーゼ、カナバニン、コンカナバリンA、ミネラル、ビタミンなど

品質のこだわり

Point.1

Point.1

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアしたなた豆を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。


Point.2

Point.2

残留農薬検査をクリアした厳選生薬を、温度や湿度など徹底した品質管理のもとお客様へお届けしております。


Point.3

Point.3

全商品即日発送、送料無料でお客様のもとへお届けします。

お客様の声

口臭などになた豆が良いと聞いてお茶にしています。そのまま煎じていましたが、時間がかかるのと味があまり良くなかったので粉にして炒って使っています。味は香ばしく、少し麦茶に似たような風味でした。

生薬情報

温暖な気候を好むなた豆は、中国では薬膳の食材として用いられてきました。明の時代に出版された「本草綱目」には、なた豆が「腎を益し、元気を補う生薬」の1つとして紹介されています。サヤの形が刀や鉈に似ているところから「刀豆」と表記され、「なた豆」と呼ばれるようになりました。1つのさやから、8粒ほどの豆が取れます。なた豆は生命力が強く勢いよく生長することから、日本各地で縁起の良い豆、商売繁盛のお守りとして親しまれています。さやの中にある豆(種子)は直径が3~5cmと大きく、形はそら豆に似ています。またカレーライスに欠かせない福神漬に、他の野菜とともに使われています。

植物名・部位 マメ科トウズの種
原産国 中国
賞味期限 パッケージに記載

漢方薬剤師からのコメント

最近、歯槽膿漏の歯磨き粉やサプリメントなどで注目されているなた豆。昔から日本でも民間的に使われてきました。大きな豆なので煎じるのは時間がかかりますが、お茶として飲むときは荒く砕いて炒ると美味しく飲めますよ!

こんな方におすすめ

歯茎の腫れによる口臭や蓄膿にお悩みの方 水の巡りが悪いと感じる方

おすすめの組み合わせ

お茶としては単独で使われることが多いようです。桔梗にも排膿の働きがあるため、合わせて使ってもよいかもしれません。

◎ 煎じ方・食べ方

水に浸してから火にかけ沸騰してからとろ火で1~2時間ほど、豆が柔らかくなるまで煮出します。煎じ液を飲んだりお風呂に入れることもできます。お茶として飲むときは、粉にして炒ってから使う方が味が良いでしょう。柔らかくなった豆も料理に使うことが出来ます。

◎ 注意事項

●胃炎など、胃に熱がある場合は控えましょう。

●主治医に漢方などの服用を制限されている方はご遠慮ください。また、食物アレルギーがある方、乳幼児、入院中の方、その他ご不安がある場合はあらかじめご相談ください。

商品名(別名):なた豆 白刀豆(はくとうず)

内容量:
100g
販売価格:
2,240円(税込)
 
数量