薬剤師がセレクトした 生薬・薬膳食材専門オンラインショップ回生薬局 漢方未病ラボ

お電話でのご注文は  0955-24-9033

お問い合わせはこちら 092-406-0336

受付時間:【平日】9:00~17:00

五行草

五行の色をすべて持ち、肌トラブルや感染症と闘う優れた生薬!水のめぐりもよくして、おなかの調子を整えます。

商品名(別名):五行草(ごぎょうそう)馬歯莧

内容量:
100g
販売価格:
2,450円(税込)
 

数量:

ポイント

少し酸味がありダシのような香りがします。味は少し酸味と甘み、渋みがありますが強くはありません。

性味:酸/寒

帰経:心・大腸

商品説明

商品説明画像

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした五行草を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。

【エピソード】
田畑やあぜ道などにあり、夏の暑さにも強く生命力のある植物です。昔から民間薬として解熱、解毒、利水、虫刺されに使われていました。食べたりお茶として飲むだけでなく、外用にも使うことが出来ます。夏の皮膚症状(虫刺され、あせも、オムツかぶれ、かゆみ、水虫、水イボなど)、ニキビやアトピーなどに使われ、炎症による肌トラブルによいでしょう。
中国では五行草を煎じた液は、細菌やウイルスによる症状に使われています。穏やかに働くため、子供でも使いやすい生薬です。日本の山形県では「ひょう」と呼ばれ、生の五行草はお浸しなどにして普段からよく食べられているそうです。

魅力

菌と闘う働きもあり、現在でも中国では消化器の感染症に使うそうです。また水のめぐりをよくして、要らない水を排出する働きもあります。熱を冷まし解毒の働きに優れ、皮膚の炎症やアレルギー、虫刺されなどに煎じて飲んだり塗るなどするそうです。中国では不正出血や産後の出血などに、止血させるために煎じて飲んだり、注射剤として使うことがあるそうです。

◎ 使用方法・食べ方

新鮮な五行草は、サラダや天ぷら、あえ物など、薬草料理として使われます。乾燥した五行草は、主にお茶として使われます。

◎ 保存方法

直射日光や高温多湿を避け、虫が湧きやすいので開封後は密閉容器に移しお早めにお召し上がりください。

◎ 栄養成分

ω-3脂肪酸、グルタチオン、ピゲニン、クエルセチン、ケンフェロール、クエン酸、リンゴ酸、カテコールアミン、ドーパミン、ルテオリン、ミネラル類(鉄、マグネシウム)、ビタミン類(ビタミンB群など)

※ビタミンB、マグネシウム、鉄分などの他、抗酸化物質の一つであるグルタチオンを多く含みます。また不飽和脂肪酸の1つオメガ3脂肪酸については、植物の中で最も豊富といわれています。

品質のこだわり

Point.1

Point.1

漢方薬剤師が選んだ、厳しい基準をクリアした五行草を使用しています。保管に便利なチャック付きのスタンド袋入りですので、保存にも便利です。


Point.2

Point.2

残留農薬検査をクリアした厳選生薬を、温度や湿度など徹底した品質管理のもとお客様へお届けしております。


Point.3

Point.3

全商品即日発送、送料無料でお客様のもとへお届けします。

お客様の声

スベリヒユとして薬草を使ったレストランで、あえ物として食べたことがあります。乾燥した五行草は、お茶として飲んでみました。薬草茶、という感じの味で、そのままでも他の生薬とブレンドしても飲みやすそうです。

生薬情報

スベリヒユは日本の薬草としてもよく使われており、畑や庭などに日当たりのいい場所に這うように広がる多肉質の草です。かつては食料が不足したとき、茹でて食べられたそうで、トルコやギリシャでは、サラダとして食べら健康維持のための食材としても古来より親しまれてきたと言われてます。「五行」というのは東洋思想の基礎であり、青赤黄白黒の5つの色が配当されます。五行草は、葉は青、茎が赤、花は黄色、実は黒、根は白であり、五行のすべての色がそろっているので「五行草」と名づけられたと言われています。また葉の形が馬の歯を削ったような形をしていることから、「馬歯莧(ばしけん)」とも呼ばれています。

植物名・部位 スベリヒユ科スベリヒユの全草
原産国 日本
賞味期限 パッケージに記載

漢方薬剤師からのコメント

中国では、かつて赤痢など細菌性の胃腸炎が流行したときに使われた薬草です。お肌に対しても熱を冷ます働きに優れているので、アトピーや湿疹などのトラブルに役立ってくれることでしょう。

こんな方におすすめ

肌のかゆみや熱感が強い方 水をめぐらせたい方

おすすめの組み合わせ

利尿や止瀉の働きを高める時には、オオバコの種と合わせると良いでしょう。オオバコの種は炒って使うと香ばしさが出ます。

◎ 煎じ方・食べ方

お茶として飲む場合は、そのまま熱湯を入れ10分ほど抽出します。しっかり成分を抽出したい場合は、沸騰してからとろ火で20~30分くらい煮出します。肌のかゆみや熱感がある時は、お風呂に入れたりローションのようにして使うこともできます。「五行草ローション」はお湯を加えて成分を抽出するだけ。保湿をしたければグリセリンなどを加える。お風呂にいれて薬草風呂にも。肌のトラブルにおすすめ。

① お茶として飲む場合は、そのまま熱湯を入れ10分ほど抽出します。

② しっかり成分を抽出したい場合は、沸騰してからとろ火で20~30分くらい煮出します。

◎ 注意事項

●熱を冷ます働きが強いため、冷えのある方は気をつけましょう。

●主治医に漢方などの服用を制限されている方はご遠慮ください。また、食物アレルギーがある方、乳幼児、入院中の方、その他ご不安がある場合はあらかじめご相談ください。

商品名(別名):五行草(ごぎょうそう)馬歯莧

内容量:
100g
販売価格:
2,450円(税込)
 
数量

この商品を購入した人はこの商品も購入しています。